Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

K-ウェルネス @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


トランスジェンダーホルモン



トランスジェンダーHRT

         トランスジェンダーホルモン療法は、クロスセックスホルモン療法とも呼ばれ、性ホルモンやその他のホルモン剤のホルモン補充療法(HRT)の一種です。 これらのHRTは、トランスジェンダーまたはジェンダー非準拠の個人に投与され、二次的な性的特徴を自分のジェンダー・アイデンティティとより密接に一致させることができます。この形式のHRTは、治療の目的が女性化であるか男性化であるかに基づいて、2つのタイプのいずれかを提供します。

  • 女性ホルモン療法  – トランスジェンダー女性やトランスフェミニンな人向け: エストロゲンと抗アンドロゲンで構成されています。
  • 男性ホルモン療法  – トランスジェンダー男性またはトランス男性向け:アンドロゲンで構成されています

 

         ホルモン療法は、肉体的にも心理的にも、自分がより安心できるようにすることを目的としています。 おそらく、これらの両方の要素(あなたの外見と性別の役割)は、男性または女性であるという内面の感覚(性自認)と対立しているのではないでしょうか。 あなたは何年もこの葛藤を抱えて生きてきたかもしれませんし、助けを求めて必死になっているかもしれません。このように感じているのであれば、ホルモン治療はあなたの苦痛を克服するのに役立つかもしれません。 患者はホルモン療法を始める前に精神科医に相談する必要があります。

 

トランスジェンダーのためのホルモン療法準備

 

  1. 患者は、ホルモン療法を開始する前に、精神科医に相談して確認する必要があります。
  2. 期待に応えるために、ホルモン療法士に相談します。
  3. 履歴の取得、肝臓と腎機能の調査のための身体検査

 

トランスジェンダーのためのホルモン療法手順

 

  1. 診察と特定の検査が完了した後、医者はホルモン療法を開始します;  テストステロン、エストロゲン、抗アンドロゲンを正確な投与量と準備によって個別に。
  2. 患者が女性的効果または男性的効果を維持したい場合、ホルモン療法を受ける必要があります。
  3. いずれかの段階で、患者が精巣(トランス女性)または卵巣(トランス男性)を手術で取り除くことを決定した場合。ホルモンの投与量は通常減少します。ただし、それでも必要な効果が得られ、健康を維持し、骨粗鬆症(骨の薄化)から保護するのに十分なはずです。高齢になると、患者はホルモンブロッカーを停止する必要があります。

 

リスクと合併症

 

 トランスの人々のために適切な投与量で行うホルモン治療は、驚くほど安全です。 あなたが処方されるホルモン剤は、体内で生成される自然のホルモンと非常によく似ています。 ホルモン剤を摂取しているほとんどの人は、重大な問題を経験していません。

 

トランス女性では、エストロゲンは微妙な女性化効果を持っています:

 

  • お尻に脂肪が分布することがあります。
  • ペニスや睾丸のサイズがわずかに小さくなることがあります。
  • トランス女性の中には、勃起やオーガズムが得にくくなることに気づく人もいます。筋肉量とパワーが減少することがあります。
  • 乳房が圧迫感や塊感を感じることがあり、時にはサイズがわずかに大きくなることがあります。
  • 顔や体毛の成長が弱くなることがあります。顔や体毛は、電気分解やレーザー治療などの脱毛技術を用いた脱毛のサポートに役立つと多くのトランス女性に評価されています。
  • 男性型脱毛症は、進行が遅くなったり、進行が止まったりすることがありますが、必ずしも元に戻るわけではありません。

 

エストロゲンを服用する場合の最も深刻なリスクは次のとおりです:

  • 血栓症
  • 深部静脈血栓症(DVT)
  • 脳卒中
  • 肺塞栓症(肺の血管の閉塞)
  • 肝機能の変化

 

トランスメンでは、テストステロンは以下の影響を引き起こす可能性があります:

  • ひげと体毛の成長を促進します。
  • 男性型脱毛症が発症することがあります。
  • 陰核のサイズがわずかに増加します。
  • 性欲が高まる可能性があります。
  • 筋肉量が増加します。
  • 声は低くなりますが、通常は他の男性のピッチには達しません。
  • 月経は止まりますが、投与量の調整を必要とする若干の破錠出血があるかもしれません。
  • 一部の人はニキビを発症します。

テストステロン摂取時の最も深刻なリスクは、赤血球増加症(赤血球の過剰生産)です。

 

治療後のケア

          ホルモン補充療法を開始した後。 医師は、症状とホルモンレベルを再評価するためのフォローアップ計画を立てる必要があります。 ほとんどの場合、3か月間隔のフォローアップが適してします。あなたの健康状態をモニタリングすることで、体が薬を吸収しているかどうかを医師が確認し、医師が調整を行い、追加の薬を処方することができます。

          健康的なライフスタイルが必要不可欠です。良識ある食事と定期的な運動が必要です。 薬物摂取、過度の飲酒、肥満は、ホルモン治療を弱体化させ、合併症のリスクを高める可能性があるすべての要因です。 また、あなたがトランス女性でエストロゲンを服用している場合は、喫煙はその女性化効果を低下させます。



Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail