Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

美容整形 @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


顎先の手術(削り/縮小)



顎先縮小  /  オトガイ形成術

          顎先は顔面下部の重要な部分ですが、顎先が大きすぎたり、小さすぎたり、幅広だったり、薄くなったりして、優れた顔の比率を損なうことがあります。顎先縮小は、顎先を顔全体の特徴に比例させることで、患者の顔の調和を改善するのに役立ちます。

 

          顎先縮小の手順は、顎と顔面下部のバランスを調整します。これは、望ましい審美性を得るために不可欠です。外科医は顎のラインを作成します。 自然に魅力的な顔の特徴を実現するには、オプションを慎重に検討する必要があります。 顎先のサイズと形状を改善するには、顎先を狭めるだけで十分か、下顎骨の角度を小さくする必要があります。

 

なぜ顎先縮小手術を行うのか?

          この手術は、顎の骨を再形成する美容整形手術です。下顎と顎先の領域で実行して、顔のプロポーションを改善し、患者の自信を高めます。

  • あご先を前方に前進させるか動かす
  • あご先を後方に押し戻すか動かす
  • 左右に、非対称のあご先に役立つ
  • あご先の短縮または延長

顎先縮小を可能にするための様々な手技があります:

  • 下顎角度の減少による顎先縮小
  • 下顎角度の減少を伴わない顎先縮小
  • T骨切り術またはVライン手術による顎先縮小

 

1. 下顎角度の減少による顎先縮小

 

          下顎角度の減少よる顎先縮小は、顎先、下顎の角度、および下顎の縮小に適用できる審美的な手順です。顎先縮小の手術中、外科医は顎を構成する骨組織の一部を除去して、下顎のライン、顎、首のバランスの取れた外観を強化します。

1.1 顎先の骨の角度を切除することによる顎先縮小は、患者の顎が小さい場合に適用できますが、顎の骨の角にのみ関係があります。 手術後、顎は必要に応じて湾曲したように見えます。

Shows chin

図1:顎先

 

1.2 顎角から下顎骨の中央まで骨を切除することによる顎先縮小は、患者さんが四角くて広い顎を持つ場合に適用可能です。新しい下顎のラインのバランスを取るように顎骨から下顎骨の真ん中まで長くカットします。これは、顎先縮小のために最も一般的に行われているテクニックです。

Chin reduction by resecting the bone from chin angle to the middle of the mandible

図1.2:顎角から下顎骨の中央まで骨を削ることによる顎先縮小

 

1.3 顎骨を切除して縮小することによる顎領域の顎先縮小は、患者の顎が長く突出しすぎていない場合に適用できます。この手法では、下顎骨を除去し、より小さくカーブするように剃り、新しい下顎骨のバランスを取ります。

Chin reduction at the chin area by resecting and shortening a chin bone

図1.3:顎骨を切除して縮小することによる顎領域の顎先縮小

 

1.4 「馬蹄形」のように、下顎と顎を介して顎の角度を左右に切除することによる顎先縮小。この手法は、顔の特徴の割合に合わせて、広く四角い顎に使用され、顔の下部を小さくし、下顎のラインも小さく、短く見えるようにします。

Chin reduction by resecting from side to side of angle jaw through mandible and chin, as “horseshoe” reduction

図1.4: 「馬蹄形」のように、下顎と顎を介して顎の角度を左右に切除することによる顎の縮小

 

 

2. 下顎角度の減少を伴わない顎先縮小

          この手法は、エラと下顎骨を残しておきながら、短すぎたり長すぎたりする顎先を縮小する審美的な手順です。外科医は、のこぎりを使用して参照用に小さな垂直線をカットし、骨を前後にスライドさせ、ネジとプレートを取り付けて、所定の位置に留まるようにします。顎先を前後に調整した後、骨を削ることができます。

 

2.1 顎先を前方に動かす手術

この手順は、顎を前に動かして短い顎先をより自然に見せることにより、短い顎を矯正します。

 

Chin forward surgery

図2.1:顎先を前方に動かす手術

 

2.2 顎先を後方に動かす手術

この手順は、顎先を後ろに動かして長い顎を小さく、より自然に見せることで長い顎を矯正します。

 

Chin backward surgery

図2.2 下顎を後方に動かす手術

 

 

3. T骨切り術またはVライン手術によるあご先縮小

          この手術は、特に顔が広く、顎が短いの場合に、顎とエラのバランスが整ったV字型の顔を実現することです。下顎の長さと位置は、プロポーションのバランスをとるために、外科医が耳下の辺りを調整します。

Chin reduction by T-Osteotomy, V-Line surgery

図3:T骨切り術またはVライン手術による顎先縮小

 

術後ケア

  • 液体または柔らかい食べ物を食べる。
  • 定期的にうがい薬を使用して口腔を清潔に保つ。
  • 喫煙をしない。
  • 手術後1ヶ月以内は過度な運動を避ける。
  • 鎮痛剤で痛みを抑える。
  • 通常、術後2週間で仕事や学校に復帰できます。傷の治癒には4~8週間かかります。

 

リスクと合併症

          顎先縮小術は、高度な資格を持つ外科医が行えば、簡単で安全な手術です。ただし、以下のリスクと合併症の可能性については、患者に事前に通知する必要があります。

  • 出血
  • 感染症
  • 神経損傷
  • 術後の痛み
  • いくつかの骨の損失

 

回復:

          この手術は全身麻酔下で行われます。 顎先縮小の手術所要時間は2時間です。術後、患者は病院で1晩過ごし、7日間の回復期間後、職場や学校に復帰できます。

 

結果:

            ほとんどの患者は結果に満足しています。顎先縮小には多くの手技がありますが、それらの全ては顔のプロポーションを改善するために、顎全体と顎先の領域での手術を伴います。いずれにせよ、顔の他の部分に顎、頬、額を含めることを考慮して、全ての顔の特徴のバランスの取れた外観と調和を確保することが重要です。



顎先の手術(削り/縮小) ビフォーアフター




さらに見るe



レビュー顎先の手術(削り/縮小)


下顎縮小手術レビュー





Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail