Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

美容整形 @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


頬骨削り手術



頬骨削り手術

 

頬骨削り手術

         美しい頬骨は、顔の真ん中にある魅力的な顔の外観を表しています。最適な目立ち、形状、サイズが必要になります。頬骨が高くて目立ちすぎると、顔の表情が激しい印象になります。したがって、頬骨削り術は、目立つ頬骨を再形成し、顔の幅を縮小して、より美しくバランスのとれた魅力的な顔を実現するための外科手術と考えることができます。

 

頬骨削りに適している人

         頬骨削りが適切であると思われる患者さんには、過度に突出した前頬骨、広い頬骨、および不均衡またはアンバランスな顔の構造を持つ患者さんが含まれます。頬骨の下にくぼんだ部分がある人もいます。期待される結果については、この手術により骨の突起を除去または修正し、顔のラインをより滑らかで、よりスリムで、より柔らかく、より魅力的に見せることができます。

 

手術への準備

  • 身体検査には、血液検査、胸部X線検査、そして40歳以上の患者さんは心電図も含まれ、心臓の状態によるリスクがあるかどうかを判断します。
  • 顔の構造を分析し、最も適切な技術を選択するために顔のX線検査をする。
  • 手術の少なくとも2週間は禁煙する。
  • アスピリン、イブプロフェンなどの抗炎症薬の服用を少なくとも2週間中止する。
  • 回復期間の準備をする。

shows Zygomatic Bone, Zygomatic arch

図1:頬骨の解剖学

 

頬骨削りの手順

         私たちの技術は、L字型骨切り術、2部位骨切り術、そして回転法です。この手術には2つの切開が含まれます。1つ目は頬骨体の口腔内で、もう1つは頬骨弓のもみあげの後ろの耳の前にあります。傷を最小限にするために、切開は小さいです。

 

         頬骨の前頭骨切り術(前部骨切り術)は、頬骨体が特別なのこぎりでL字型に切断されることを意味します。そして、バックサイト骨切り術(後方骨切り術)は、頬骨弓が切られることを意味します。頬骨は内側に回転し、さらなるチタンの動きを防ぐためにミニチタンプレートとネジで固定する必要があります。外科医は骨の滑らかなステップを作成します。口腔内切開は吸収性縫合糸を使用して閉じられます。外側の切開は細い縫合で閉じられます。

 

shows Zygomatic Bone, Zygomatic arch

図2:頬骨削りの手順

 

 

          頬骨削りの手術は全身麻酔下で、手術所要時間は1~2時間です。1~2泊の入院が必要です。

 

頬骨削りのリスクと合併症

         頬骨削りの手術は、他の顔面手術の手順と同様に、感染、出血、血栓、あざ、腫れ、周囲の組織や神経への損傷、血管や麻酔に対するアレルギー反応などの一般的なリスクが伴います。この他に次のようなリスクを伴うこともあります:

  • しびれ
  • 手術部位の皮膚感覚の低下
  • 非対称の頬骨
  • 口を開けるときの圧迫感
  • 頬骨弓骨折
  • 頬骨が不安定
  • 術後の頬骨と弓の位置が異常
  • 再手術が必要になる場合がある

 

術後ケア

         感染症を防ぐためにマウスウォッシュを頻繁に使用する。むくみを減らすために、顔をできるだけ高く保つ。血液循環をサポートするために穏やかに動く。3日間は常に圧迫包帯を着用する。1ヶ月間は毎日睡眠中は着用する。)

  • 術後1ヶ月間は積極的な活動を避ける。
  • 手術後少なくとも2週間は喫煙や飲酒をやめる。
  • 外科医とのフォローアップの約束をすべて守り、治癒過程をチェックし、気になる質問などをする。
  • 縫合は術後7日目に取り外されます。(口の中は吸収性縫合糸)

手術の7~10日後に職場に戻ることができますが、まだ腫れが残っている可能性があります。手術の4週間後に運動を再開できます。

Positioning of Zygoma Reduction (Cheekbone Reduction) Positioning of Zygoma Reduction (Cheekbone Reduction)

図3:頬骨削りの位置

 



頬骨削り手術 ビフォーアフター




続きを見る



レビュー頬骨削り手術




Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail