Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

K-ウェルネス @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


ほうれい線



ほうれい腺

          ほうれい線は、鼻の両側から口角に向かって伸びる深いしわです。このしわは自然な老化プロセスの一部として、より顕著になります。頬の脂肪が失われ、肌のボリュームが減り、このひだがより深く見えるようになります。繰り返し微笑んだり、“大きな笑顔”をすると、この領域に永続的で深いしわが生じる可能性があります。次のようなものを含むほうれい線を治療するための方法があります:

  1. 皮膚フィラー注入
  2. 脂肪移植
  3. レーザー引き締め
  4. 手術

皮膚フィラー注入は、ダウンタイムや回復を必要としない、軽度から中程度のほうれい線の場合に最適な選択です。

 

ほうれい線フィラーに適している人

  1.  注入領域での感染などの皮膚症状のない軽度から中程度のほうれい線
  2. ヒアルロン酸皮膚フィラーに対するアレルギー反応歴がない
  3. 現実的な期待を持っている

 

ほうれい線フィラーの準備

  • あなたの期待について医師に相談する
  • 少なくとも2週間はイブプロフェン、アスピリンなどの抗炎症薬の服用を中止するか、手術中および術後に出血を増加させる可能性のあるビタミン剤とハーブ系サプリメントを服用しない。

 

ほうれい線フィラーの手順

          手順は通常、30分以内に完了します。ほうれい線フィラーは痛みのない処置であり、局所麻酔下で行うことができます。診察と注入の合計時間は通常10~15分以内です。

 

ほうれい線フィラーの処置後のケア

  1. 患者は治療部位内の強い圧力または長時間の圧力を避ける必要があります。
  2. 治療後6時間はマッサージや激しい身体活動、極度の寒さや暑さを避けることなど、患者はアフターケアについて通知を受ける必要があります。
  3. 臨床結果を評価するために、フォローアップセッションを計画することが重要です。必要に応じて、フォローアップセッションで修正を行うことができます

 

リスクと合併症

専門家によるケアの下では、以下を含むリスクと合併症は散発的です:

  • 痛み
  • 感染
  • 腫れとあざ
  • 過剰または非対称
  • 組織壊死または失明

 

回復

          治療後の痛みは、最小限の不快感です。患者は1日で仕事に戻ることができます。結果は1年以上続くことがあります。



ほうれい線 ビフォーアフター


Before & After Cheek lines or Nasolabial fold



Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail