Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

Breast Surgery @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


乳房再建手術



乳房再建手術

          乳房再建術とは、乳がんによる乳房切除後、火傷からの修正、トランスジェンダー転換などのために新しい乳房を再建する手術です。乳がんによる乳房切除後に乳房再建手術を希望する患者は、病気が完全に治療されたことを確認するために、乳房切除術を行った前医の許可または同意を得なければなりません。

 

乳房再建術に適している人

  1. 乳がん治療を完了している必要がある。
  2. 火傷や事故の原因となる乳房の傷跡を修正する必要がある。
  3. 乳房領域への過去の放射線照射歴がないこと。
  4. 喫煙をやめる
  5. SLE(全身性紅斑性狼瘡)、リウマチ性疾患、強皮症などに関わる組織疾患がないこと。

 

ガモンコスメティックホスピタルでは、乳房再建のための2つの主要なオプションを提供しています。

  1. インプラントによる再建: 外科医はシリコーンジェルまたは生理食塩水充填プロテーゼを使用して、筋肉の下の空洞内に挿入します。傷つきやすい皮膚や瘢痕の場合、外科医はインプラントを挿入する前に組織拡張術を使うことがあります。
  2. フラップによる再建:ガモンコスメティックホスピタルでは、乳房再建のために次のようなフラップ提供しています。
    1. TRAMフラップ(横腹直筋フラップ):外科医は、皮膚、直筋の一部、および臍帯の下の脂肪を血管茎とともに使用します。次に、乳房領域に移動します。 この手法は最も信頼できますが、患者は直腸筋の一部を失い、腹壁が弱くなる可能性があります。

      TRAM flap (Transverse rectus abdominis muscle flap)
       
    2. DIEPフラップ(深い下腹壁穿孔フラップ):外科医は、筋肉のない皮膚と脂肪を使用してから、マイクロサージェリー技術で乳房領域に移動します。 この方法は腹筋機能を維持できますが、マイクロサージェリーでは血管血栓症のリスクがあります。

      DIEP flap (Deep inferior epigastric perforator flap)
       
    3. 患者の好みやその他の制限に応じて、LDフラップ(広背筋フラップ)のような他のフラップを代替フラップとして使用できます。

 

乳房再建手術への準備

  • 外科医と相談して目標、検査、医学的評価を行う。
  • 術前・術後2週間以上の禁煙
  • 出血が増える可能性のあるアスピリンや抗炎症薬、漢方薬の服用を避ける。

 

乳房再建手術の術後ケア

  1. インプラントを用いた再建

     a. 手術後7日間は包帯を適用してください。

     b.7日目に抜糸をします。

     c.インプラントの種類や形状によっては、バストマッサージを必要とする場合があります。

     d. 乳輪と乳輪の再建は、第二段階で再建することができます。

  2. より専門的な治療が必要となるフラップを用いた再建

      a. Pedicled TRAM-flapを使用した場合、術後少なくとも2週間は軽度の活動を維持する必要があります。

      b. マイクロサージェリーを用いたDIEPフラップの場合、少なくとも7日間の入院と4週間の活動制限が必要となります。

 

リスクと合併症

  • フラップロス:基本的には、術者は患者ごとに最も信頼性の高いフラップを使用します。しかし、状況や個体差によっては、以前の治療により創傷治癒が悪くなったり、血液供給が不足したりすることがあります。
  • 創傷治癒の遅れ:ほとんどが脆弱な皮膚の場合に発生しました。
  • 乳房の感覚の喪失
  • 出血・血腫・血清腫
  • 外科的創傷感染症
  • 腹壁脱力/ドナー部位の感覚喪失
  • 好ましくない結果:患者は、特にフラップ再建では、新しい乳房の不均等、対称性、または不自然な外観に気づくかもしれません。

 

回復

乳房再建の回復は、実施された手技によって異なります。

  • インプラントで再建した患者は、回復までに2週間かかります。
  • 組織エキスパンダーを使用する場合は、インプラントを挿入する前に4~6週間程度、徐々にボリュームを増やしてポケットを広げていく必要があります。単純なインプラント埋入よりも長く滞在していただく必要があります。       
  • フラップを使用した再建術を受けられた患者は、2~4週間程度の回復のための滞在が必要です。
  • フラップ法で再建を行った患者は、二次的な乳輪-乳輪再建を行うために6~12ヶ月間待機する必要があります。


Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail