Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

Breast Surgery @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


乳房インプラント再建手術



         豊胸手術の良好な結果は、乳房のサイズ、乳房の形状、バランス、位置に関連しています。とにかく、乳房インプラント手術の良い結果の制限は、皮膚の弾力性、内部構造、またはあまり訓練を受けていない外科医によるものかもしれません。豊胸は修正する必要があります。

          乳房インプラントの修正は、若々しい乳房の輪郭と外観を復元するために、美容整形手術または乳房再建手術の前に修正または改訂するための外科手術です。乳房インプラントの修正には、インプラントのサイズまたはタイプの変更と、以前の手術による合併症の結果の修正が含まれます。

 

なぜ乳房インプラントの修正をしなければならないのか?

          医療と美容の両方で、乳房インプラントの修正を手術する理由はたくさんあります。ガモンコスメティックホスピタルは、安全性と満足のいく結果を考慮しています。審美的な結果が各患者に最適であることを確認するために、患者のニーズを評価する必要があります。以下の乳房の状態は、細部にわたって修正できます。

          1. インプラントのサイズの問題

          乳房インプラントの一部の女性は、乳房のサイズ変更を希望します。以前のインプラントよりも胸を小さくしたい人もいます。大きいインプラントを小さいインプラントに交換する場合は、余分な乳房の皮膚と垂れ下がった乳房または下垂についてより懸念されます。外科医は、乳房インプラントのサイズをダウンさせる結果として、余分な皮膚を管理するための乳房リフト術を伴います。インプラントカプセルは同じ手術で取り外す必要があります。

          乳房インプラントのサイズを大きくしたい場合、外科医は以前のインプラントの配置に考慮します。インプラントが筋肉下にある場合、外科医はこの位置を維持し、新しいインプラント用の大きなポケットを作成します。

          以前のインプラントが腺下にある場合、外科医は新しいインプラントの位置を筋肉下に変更し、新しいポケットを作成してから、新しいインプラントを新しいポケットに挿入します。手術中、外科医はカプセルインプラントを取り外して、新しいインプラントの二重気泡効果を防止する必要があります。

 

          2. インプラントの破裂または漏出

          あらゆる製品のように乳房インプラントは、破裂または漏出が起きます。生理食塩水乳房インプラントは、ゆっくりと弁に漏れが起こるか、すぐに胸のボリュームを失う可能性があります。生理食塩水インプラントが片側から漏れ、非対称を引き起こします。それは通常患者にとって明らかです。シリコンインプラントの破裂は特定が難しく、超音波、マンモグラム、またはMRIを確認する必要があります。新しいインプラントを取り外して交換するために手術が行われます。

 

          3. 被膜拘縮

          被膜拘縮は、インプラント周囲にカプセルを形成する組織反応です。このカプセルはより厚く、より硬く、よりタイトになり、被膜拘縮を引き起こします。この瘢痕組織は、インプラントの動きを減らし、乳房に不自然な外観を与え、不快感を引き起こします。被膜拘縮の治療は、外科医はインプラント周囲の瘢痕組織を除去し、新しいインプラントを胸筋に対して異なる位置に配置します。  (see more)

Capsular contracture

図1:乳房インプラントの被膜拘縮

 

          4. 上向きのインプラント

          乳首と比較した時に、以前のインプラントが高すぎる場合、患者は胸部のバランスを取るためにインプラントを下に動かす必要があります。上向き乳房インプラントの修正は、カプセルインプラントを切断(切嚢)または除去(被膜切除)し、新しいポケットを作成して、以前の位置よりも低くします。これは、乳首の中心に関係します。新しいインプラントを挿入し、乳首のバランスを調整します。

Upward position Implant

図2:上向きの乳房インプラント

 

          5. インプラントの側方変位

          以前の乳房インプラントでは、望ましい胸の谷間を作るには遠すぎます。これはインプラントは自然な乳房の後ろに位置し、乳房が広すぎて患者が望む胸の谷間がないということです。 

          この状態を修正するための外科手術は、内部の切開と縫合により、前のポケットの側面を最小化し、体の正中線に近づけます。

 

          6. インプラントのボトミングアウト

          乳房インプラントのボトミングアウトは、豊胸手術の結果で発生することがあります。この状態は、皮膚の弾力性の喪失、内部筋肉の弱さ、または外科医の訓練不足により、乳房インプラントの見た目が低すぎ、そして乳首が高すぎるように見えることです。ボトミングアウトは、インプラントを交換してポケットを上向きにすることでインプラントを上昇させ、下部境界ポケットを縫合することで修正できます。

Bottoming out of breast implants.Bottoming out of breast implants.

図3:乳房インプラントのボトミングアウト

 

          7. リップリング

         リップリングは特に痩せている人に発生します。乳房インプラントからの波打ちが皮膚表面に見える場合があります。波打ちを治療するオプションの1つは、皮膚の下の軟部組織の体積を増やす脂肪移植です。別のオプションは、AcellularDermal Matrix(ADM)を使用して軟部組織を配置することです。どちらの手法でも、波打ちをカモフラージュするための容量を増やすことができます。

 

          8. シンマチアまたはユニブーブの修正

         シンマチアは、乳房インプラント手術から発生する可能性のある結果です。インプラントが互いに近すぎて挿入されたことです。これは、周囲に小さな肋骨がある細い(痩せている)女性に挿入されたインプラントが大きすぎる場合の影響である可能性があります。シンマチアは、正中線の胸骨から外側に横方向に伸び、インプラント間により多くのスペースを作ることで修正することができます。この手術では、乳房の下を切開し、前のポケットを外側に拡張します。正中線の縫合によって固定されます。乳房の結果は分けられます。

Symmastia or  Uniboob correction

図4:乳房インプラントのシンマチアまたはユニブーブの修正

 

          9. BIA-ALCL(乳房インプラント関連未分化大細胞リンパ腫)について

          BIA-ALCLは、乳房インプラント周囲に発生する可能性のあるまれで高度に治療可能な種類のリンパ腫であり、表面に凹凸のある乳房インプラントを使用している患者で発生する可能性があります。BIA-ALCLは免疫系の癌であり、乳癌ではありません。

 

          一般的な症状には、乳房の肥大、痛み、非対称、乳房や脇の下のしこり、皮膚の発疹、乳房の硬化、大量の体液の採取などがあります。医師に診断を依頼する症状がある場合、症状は1年から8~10年で発生します。乳房インプラント周囲の組織の瘢痕、しこりを含むインプラントを取り除く必要があります。

 

乳房インプラント再建手術に適している人

  • インプラントの不良などの問題が原因で、以前の手術の結果に満足していない人
  • 被膜拘縮が嚢切除または嚢切開により瘢痕組織を解放する必要がある人
  • 健康な人
  • 現実的な期待を持っている人
  • 精神的に安定している人
  • 現在妊娠中または授乳中でない人

 

乳房インプラント再建手術への準備

  • 満足できない結果や期待する結果について、外科医に相談してください。外科医と患者は、ニーズを一緒に解決する方法を話し合います。乳房インプラントの修正は複雑です。原因と患者のニーズに応じて、乳房インプラントを修正するための多くのテクニックがあります。外科医は、切開痕の位置、形状、サイズ、および配置を含めて説明します。
  • 身体検査、血液検査、胸部X線検査が必要です。
  • 手術前後少なくとも2週間は禁煙してください。
  • アスピリン、イブプロフェンなどの抗炎症薬の服用を少なくとも2週間中止してください。また、手術中および手術後の出血を増加させる可能性のあるハーブ系サプリメントとビタミンは避けてください。

 

乳房インプラント再建手術の手順

気を付けてください。 2番目の手術は、1回目の豊胸前よりも複雑です。瘢痕組織の存在など、いくつかの理由により、以前のインプラントによって引き起こされた筋肉のストレッチまたは解剖学的変化に加えて、良好な結果を予測することがより困難になります。それが外科医にとっての課題です。

  1. 手術は全身麻酔で行われます。
  2. 手術は理由によって異なりますが、乳房の修正は通常、古いインプラントを新しいインプラントに交換します。胸のリフト、瘢痕組織の解放、ポケット(インプラントが収まるスペース)のサイズや形状および位置の変更を含むこともあります。
  3. 外科医は切開部を閉じ、粘着テープと外科用テープで包帯します。

手術時間は1~4時間ですが、以前の複雑な乳房インプラントによって異なります。

 

乳房インプラント再建手術の術後ケア

          乳房インプラント再建術の術後ケアは、以前の豊胸と同様であり、手術後の術後の不快感を最小限に抑えるために、次のように行うことができます。

  • 切開創は手術後2〜3日で清潔に保ち、乾かしてください。
  • あざや腫れを抑えるために冷湿布をします。
  • あざや腫れを抑えるために、少し胴体を上げて寝ます。
  • 鎮痛薬を飲む。
  • 術後7日目に抜糸をします。
  • 毎回のアポイントメントでフォローアップが必要です。
  • 水分の蓄積を防ぎ、腫れを抑えるために、サポートとポジショニングのために圧迫ブラを着用する必要があります。
  • 手術後6週間は2~3kg以上持ち上げないでください。持ち上げると、インプラントが上に移動します。
  • 少なくとも2週間は激しい運動をしないでください。

 

乳房インプラント再建手術のリスクと合併症

以下のことが起こることがあります。

  • 切開創傷からのケロイド
  • 出血
  • あざ
  • かゆみ
  • 痛み
  • 治癒不良
  • 非対称
  • 感染症(発熱による乳房の暖かさと赤みに気づいた場合、感染している可能性があります。できるだけ早く外科医に連絡してください)
  • 息切れ、または胸の痛み
  • 感覚の減少または喪失
  • 被膜拘縮は2回目の手術が必要な場合があります。
  • 皮膚のたるみ
  • インプラントの失敗
  • 麻酔によるリスク

 

乳房インプラント再建手術の回復

         回復は1回目の乳房インプラントと同様で、不快感はほとんどありません。ほとんどの場合、乳房インプラント修正の回復期間は短く、数日以内に仕事に戻ることができます。ただし、乳房インプラント再建手術の回復にかかる期間は、行われる手術の種類によって異なります。

  • 回復期間は、最初の豊胸手術と同じくらいです。インプラントのサイズが大きい場合は、さらに時間がかかり、おそらく4~5日かかります。不快な症状には、痛み、こわばり、腫れ、あざなどがあります。新しいインプラントが切開周囲のしびれ感などの最終結果を解決するまでに数週間または数ヶ月かかる場合があります。
  • リフティングによる乳房インプラント置換後の回復期間は、不快感により時間がかかります。仕事に戻ることができるのは、おそらく1週間後くらいです。患者は、腫れを改善し、漿液を排出し、位置を維持・サポートするために圧迫ブラを着用する必要があります。

乳房インプラント再建手術から回復中、患者は少なくとも6週間は中等度から激しい運動および重労働を避ける必要があります。



乳房インプラント再建手術 ビフォーアフター


乳房インプラント再建手術のビフォーアフター



Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail