Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

Body surgery @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


ボディーリフト



ボディーリフト

 

          ボディーリフトは、大幅な減量後に残る余分な皮膚、脂肪、その他の組織を減らすための形成外科手術です。余分な皮膚の位置に応じて、リフトは皮膚と脂肪をサポートする基礎組織の形状とトーンを改善します。過剰なたるみのある皮膚と脂肪を取り除き、この手術により、くぼみのある不規則な皮膚表面を改善できます。

 

Positioning of body lift incision

図1:下半身リフトの切開線

 

Positioning of body lift scar

図2:下半身リフトの切開痕

 

ボディリフトはこれらのエリアで実行できます:

  • 腹部 - 局所的または側面の周りの拡張された領域と腰の領域
  • 臀部
  • 太もも - 大ももの内側、外側、後部、または太ももの周囲
  • 脇の下
         老化、太陽によるダメージ、妊娠、体重の大幅な変動、および遺伝的要因が組織の弾力性の低下に寄与し、腹部、臀部、および大腿部のたるみを引き起こす可能性があります。

 

         ボディリフトは余分な脂肪の除去を厳密に意図したものではありません。脂肪吸引のみでは、皮膚の弾力性が高く、新しい体の輪郭に順応できる余分な脂肪沈着物を取り除くことができます。皮膚の弾力性が低下している場合は、脂肪吸引術と一緒にボディリフト術をお勧めします。

 

胴体リフト

          ベルト脂肪切除術または胴体リフトは、個人の腰または“ベルト”ラインの周りから、垂れ下がっている皮膚および脂肪を円周方向に除去することです。腰の横のたるみ「ラブハンドル」スキンを取り除くため、腰に続く広範なタミータックと考えることができます。

Body lift Procedure

図3:ベルト脂肪切除術または胴体リフトの切開線

 

Body lift Procedure

図4:ベルト脂肪切除術または胴体リフトの切開痕

 

ボディーリフトに適している人

以下のことを含む1つまたは複数の身体領域に著しい軟部組織の弛みがある人:

  • 肥満手術を受けているか、体重が減りすぎている
  • 皮膚の弛緩、過剰な皮膚、腹壁のたるみがある
  • 腰周りの傷跡を認めることができる
  • 体重が1年以上安定している
  • 健康
  • 現実的な期待を持っていて、ボディーリフトに対してポジティブな姿勢である
  • 禁煙者
  • 健康的な食事をしている。(タンパク質不足の問題は治癒を妨げる可能性がある)

 

ボディーリフトへの準備

  • 外科医に相談し、基礎となる全身麻酔の身体の健康状態を評価するための検査を行います。
  • 特定の薬を服用するか、現在の薬を調整する。
  • 禁煙する。
  • アスピリン、抗炎症薬、ハーブ系サプリメントの摂取は避ける。

 

ボディーリフトの手順

  • 全身麻酔
  • 外科医は、余分な脂肪と皮膚を取り除くために必要な領域に切開部位をマークします。ボディーリフトは体の多くの部分を伴います。これには、側面の周りの腹部領域と腰部領域が含まれます。ビキニライン、ブラライン、または衣服や水着などの傷をできるだけ隠せる領域で切開をマークします。
  • 外科医は切開部を開き、余分な脂肪と皮膚を可能な限り取り除き、その周囲の組織の位置を変え、形を整え、引き締めます。
  • 切開部を閉じると、深い縫合糸が吸収性縫合糸を使用して新しい形状をサポートし、吸収性縫合糸で固定された皮膚の下になります。

 

術後ケア

手術後、ほとんどの患者は数日間入院します。

  • 手術後少なくとも6~8週間は圧縮衣服を着用して体を支え、腫れを減らします。場合によっては、DVTを防止するために、レッグストッキングを着用し、ヘパリンを注射する必要があります。
  • あざや腫れを抑えるために、胴を少し上げて寝る。
  • 手術後は、体を少し動かしたり、ベッドから出て歩いてDVTを防いだりすることがあります。
  • 少なくとも6週間は、重労働、激しい運動、水泳、激しいスポーツを避けてください。
  • 脱ぎやすい快適な服を着用してください。
  • 全てのアポイントメントに出席してください。
  • 術後7日目に抜糸をします。
  • 切開創を清潔に保ち、乾燥させます。

 

ボディーリフトのリスクと合併症

  • 麻酔によるリスク
  • 出血(血腫)
  • 感染
  • 創傷治癒の遅延
  • 液体貯留(血液または血清)
  • しびれや皮膚感覚の変化
  • 脂肪壊死
  • 痛み
  • 皮膚のたるみの再発
  • 持続する脚の膨張
  • 非対称
  • 深部静脈血栓、心臓と肺の合併症
  • 修正手術が必要になることがある
  • 皮膚の損失 :縫合糸が皮膚を介して自然に表面化し、目に見えるようになるか、刺激を引き起こす。その場合、除去が必要になる。
  • 好ましくない傷痕

 

ボディーリフトの回復

          数週間、切開部のあざ、腫れ、しびれなどの不快感を感じます。円周切開の場合、4週間以上かかる場合があります。職場に戻れるまで数週間かかり、少なくとも6~8週間は激しい運動を避けてください。傷跡は永続的で、1年で薄くなりますが、衣類で隠すことができます。



ボディーリフト ビフォーアフター




ビフォーアフターをさらに見る



レビューボディーリフト




Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail