Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

Body surgery @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


脂肪吸引



脂肪吸引

         脂肪吸引術は、腹部、腕、太もも、背中、臀部、顔などの一部の領域の脂肪層から脂肪を取り除き、その形状を改善するための外科手術です。脂肪吸引は、フェイスリフト、乳房縮小術、臀部リフト、タミータックなどの他の美容手術でも行うことができます。

 

         脂肪吸引は減量手術ではありません。この手術は皮膚の下の脂肪の一部を除去しますが、腹部の脂肪は除去しません。

 

脂肪吸引のテクノロジー

         脂肪吸引機のテクノロジーによって脂肪吸引の手技が異なります。脂肪吸引機の基本には、吸引機に接続された「カニューレ」と呼ばれるさまざまな吸引チューブがあります。ガモンコスメティックホスピタルは、次のようなさまざまな脂肪吸引術を提供しています。

1. パワーアシスト脂肪吸引(PAL)

          PAL(パワーアシスト脂肪吸引)は、急速に振動して脂肪組織を分解し体内から取り除くのに役立つ脂肪吸引カニューレを使用する機械です。従来の脂肪吸引術よりもやさしいテクニックで、脂肪組織が集中している箇所に特に役立ちます。

 

PAL 利点:

          医師はパワーアシスト脂肪吸引の手術中、振動カニューレが脂肪細胞を体内で分離させるので、たくさんの力を必要としません。チューレイン大学健康科学センター皮膚科学部による研究において, 手動の脂肪吸引よりPALの方が30%多くの脂肪が除去され、挫傷と回復時間はかなり減ることがわかりました。 PALは、内股、へそ周り、男性の胸を含む彫刻するのが難しい範囲を扱うのに役立ちます。なぜなら、パワーアシスト脂肪吸引は、手動の脂肪吸引より短い時間で行えるので、患者にとっては安全面のリスクと合併症の影響を受けにくいです。患者は、脂肪吸引による脂肪除去の多くの長期的な利点を報告しています。


写真1:PAL®脂肪吸引システム

(https://www.microaire.com/products/pal-system/)

 

2. VASER ® による脂肪吸引

         Vaser®は、脂肪を吸引で除去する前に、超音波を利用して脂肪を乳化する脂肪吸引機です。

         

Vaser is a liposuction machine

写真2:VASER ®脂肪吸引システム

 

3. その他の脂肪吸引のテクノロジー

          レーザーリポまたはスマートリポは、レーザーを使用して脂肪を乳化し、吸引により除去するレーザー脂肪分解機です。スマートリポはレーザーで肌を引き締めます。ラジオ波脂肪吸引術(RFAL)は、ラジオ波を使用して脂肪を溶かし、バキュームで除去します。

          脂肪吸引は、除去する脂肪の量によって、全身麻酔と局所麻酔下で行うことができます。不要な脂肪を除去または減らすのに効果的な方法です。脂肪吸引で治療できる箇所は次の通りです:

  • 太もも
  • 臀部
  • ヒップ
  • 腹部
  • 首と顎
  • 背中
  • ウエスト
  • ふくらはぎ
 

脂肪吸引に適している人

  • 理想的な体重の30%以内で、弾力のある肌と良好な筋緊張がある成人
  • 健康
  • 喫煙しない
  • ボディーコントゥアリングに現実な期待を持っている人
  • 肌のハリ、弾力があり、適度な筋緊張がある人

 

脂肪吸引への準備

  • あなたの目標について外科医に相談し、身体診察、検査室での胸部X線検査を行い、現在の投薬を調整して、手術の準備ができていることを確認する。
  • 喫煙しない
  • アスピリン、抗炎症薬、ハーブ系サプリメントの服用は避ける。

 

脂肪吸引の手順

  1. 鎮静または全身麻酔
  2. 麻酔後、切開は約1cmになります。切開の数は、手術する領域の数によって異なります。膨脹性のある液が運用エリアに配置されます。従来の脂肪吸引では、中空のチューブを使用して脂肪を除去します。レーザーと超音波技術では、レーザーまたは超音波エネルギーを使用して、脂肪を除去する前にその脂肪を溶解します。
  3. 縫合で切開を閉じます。

 

術後ケア

  • 手術後の最初の24〜72時間は、衣服やシーツに血が流出するのは普通のことです。脂肪吸引を行う前に流体を吸引することは、脂肪を除去するうえで最も安全です。
  • 圧迫帯はシャワーの時以外は常に着用してください。圧迫帯は腫れを抑え、回復が早めます。圧迫帯をいつ外していいかは医師がお知らせします。
  • 自宅で日常の活動を再開してみてください。軽い活動は、体液を体内で動かし続けるため、腫れを抑えることができます。
  • 患者さんは手術後24~48時間にシャワーを浴びることが可能ですが、圧迫帯を再度着用することが難しい場合がある為、誰かに手伝ってもらって下さい。シャワーを浴びる時は、こすり洗いをせずに、石鹸と水で洗い流します。そのあと、清潔なタオルでやさしく乾かします。
  • 手術後2週間はまだお風呂に浸かることや、プール、池、海など、傷を濡らさないで下さい。
  • 漿膜をリンパ系に取り除く術後マッサージ
  • 日常的な活動は禁止されていません。
  • 運動は約2週間後から始めるべきです。
  • 全てのアポイントメントに出席してください。
  • 術後7日目に抜糸します。

  

術後に見られる最も一般的な合併症:

 早期合併症

  • 漿液腫処置:漿液腫の治療は医学的技能です。
    • 注射器での排出
    • ドレインの留置
    • 硬化症を誘発するテトラサイクリンのような物質の留置
    • 漿液腫皮膜を除去するための修正手術
  • 血栓塞栓症:肺血栓塞栓症(PTE)は、肺動脈障害によって引き起こされる病理学的状況です。それは肺の中の酸素欠乏です。患者さんのバイタルサインならびに酸素飽和の経過を追うことが重要です。
  • 感染症:熱、寒け、痛みによって見つけることができます。
  • 貧血:この症例では、吸引脂肪と組み合わされた失血によって起こります
  • 血腫:血液の貯留、内出血により起こります。
  • 脂肪塞栓症: 塞栓脂肪による血管の妨害物。
  • 皮膚の裂傷

 

後期合併症:

  • 線維化:肥厚性瘢痕
  • セルライト
  • 変形
  • 非対称
  • 治癒の遅延


脂肪吸引 ビフォーアフター




脂肪吸引のビフォーアフター



レビュー脂肪吸引




Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail