Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

Body surgery @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


肥満手術



肥満手術

          近年のライフスタイルで、正しい食事と健康的な生活に関しては非常に複雑化しています。コンビニエンスストアなどの遺伝子組み換え食品やファーストフードといった栄養が不十分な食事と、運動不足の忙しいライフスタイルにますます直面しています。これらは人々をより太り過ぎにして、多くの健康問題の中でも、糖尿病、高血圧、冠状動脈性心臓病と高コレステロールなどの肥満が問題になります。

          BMIとは、体重と身長の関係から算出される肥満度を表す体格指数です。体重(kg)を身長(m)の二乗で割って算出され、以下の通りに比較することができます。

 

- 低体重:18.5未満
- 普通体重:18.5以上25未満
- 過体重:25以上30未満
- 肥満:30以上40未満
- 危険:40以上

  ​(http://en.wikipedia.org/wiki/Body_mass_index)

 

肥満治療のためのガイドライン:

  1. ダイエット(食事制限)
  2. 運動
  3. 薬物療法
  4. 手術

 

ダイエットプランと運動

         できるだけ効果的で安全に肥満治療をするためには、健康で低炭水化物、低糖の食事療法を週4回以上の運動セッションとともに患者さんのライフスタイルに組み込む必要があります。望ましい結果を得るためには、各運動のセッションごとに少なくとも30分間の有酸素運動(ランニング、サイクリング、水泳など)を含める必要があります。有酸素運動は、脂肪燃焼の手助けをします。もしもBMIが30を超え、病気と関連した危険因子がある場合は、医師の診察が必要です。

 

薬物療法

         BMIが30以上の場合は、専門の医師の監督下で薬剤による治療を行うことができます。この治療計画は、BMIが27以上で危険因子が関与している人にも適しています。
 
 

肥満外科手術:

当院では、2つの術式に分けられます。

 

1. 袖状胃切除術(スリーブ状胃切除術)

          袖状胃切除術は、大きなカーブに沿って胃の大部分を外科的に切除することにより、胃が元のサイズの約25%に縮小する外科的減量術です。手術は胃のサイズを縮小し、スリーブ状またはチューブ状の構造を残します。しかし、後の人生で胃の一部が拡張する可能性があります。手順は一般的に腹腔鏡下で行われます。

 

手術:

          スリーブ状胃切除術は、もともと胃バイパス手術を実施するリスクが大きすぎるとみなされた重度の肥満患者に、十二指腸スイッチ、二期的胃バイパス手術の最初の部分として、他の肥満症治療の修正として実行されました。これらの患者さんにおける初期の体重減少は、スタンドアローン手順として検討されるようになったので成功しました。

          今日のスリーブ状胃切除術は、北米、アジアで最も急成長している減量手術のオプションで、多くの場合、全てではありませんが、スリーブ状胃切除術は、グルコース恒常性の重量に依存しない利点を含んでいるので、胃バイパス手術と同様に有効です。しかし、これらの利点を生み出す正確なメカニズムは知られていません。

          手術は、胃の縦切除を伴い、幽門から5~6cm間際の洞から始まり噴門に近い胃底で終わります。残りの胃スリーブは、ブジーを用いて較正されます。ほとんどの医者は、施術に際して32~60Fr のブジーを使用することを好みます。手術後の胃の理想的なおおよその残りのサイズは、約150mlです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Gastric_bypass_surgery

 

利点:これは最良の減量方法です。糖尿病、心臓病、高血圧と高血中コレステロールは、この方法で治療されることができます。

欠点:カルシウム、鉄、ビタミン欠乏症が引き起こされるかもしれません。骨びらんや貧血のリスクがあります。

 

ガモンコスメティックホスピタルでは、最小侵襲手術や腹腔鏡を使用します。腹部は少しだけ外傷をもたらします。

図1:垂直スリーブ状胃切除

http://www.nuffieldhealth.com/treatments/sleeve-gastrectomy

 

手術への準備:

手術前に下記の項目の専門家に相談してください。


1. 栄養士

栄養士は、新しい食事計画を立て、手術後に患者さんがどれだけの食べ物を摂取すべきか、手術前に体重を減らす方法などを説明してくれます。

2. 心理学者

手術前後のストレスを減らす手助けをしてくれます。

3. 肥満を専門とする医師

医師は患者さんの健康状態を注意深く監視します。彼らは、手術前に減量のためのカウンセリングや投薬を提供する場合があります。

4. 肥満患者の手術を行う専門外科医

特定の場合に手術を行います。ただし、この手術には利点と欠点があり、患者さんはこの手術を受けることを決定する前に問い合わせる権利があります。

 

相談および練習のために:

- 手術後に患者がどれだけ食べるべきかを説明する栄養療法。そして、手術前に体重を減らす方法。
- 心理学者は、手術前と手術後のストレスを軽減するのに役立ちます。
- 医師は健康カウンセリング療法を監視する必要があります。手術前に体重を減らすためのカウンセリングまたは投薬。
- 各タイプの手順を患者に説明する医療外科代替手段には、利点があります。しかし欠点は、患者はそれらに対する権利を持っていると見なされます。

 

合併症:

  • 出血
  • 感染
  • 流出路
  • フォローアップまたは矯正手術

          発生する可能性のある術後合併症としては、一般外科に似て、肺疾患、肺炎、尿路感染症からの血栓です。しかし、減量手術が専門チームにより病院/医療センターで行われる場合は、合併症は少ないかもしれません。手術後、患者さんは、看護師、特にこれらの患者のケアの研修を受けた介護者、麻薬常習肥満患者を専門とする麻酔科医を含むチームによって、医療機器を使い定期的に監視されます。

 

なぜ減量手術は良いか?

        体重と肥満が少ないと、糖尿病、高血圧、心臓病、癌、睡眠時無呼吸など多くの人が抱えている健康リスクが低くなります。また、肥満の少ない人は、自分の健康をケアするために必要な費用が少なくて済みます。

 

手術後何が起こるか?:

  • 確実に合併症が起こらないように3日間入院する。鎮痛薬を摂取しない。
  • 気分がよければ運動をする。特にこれらの患者さんのための運動プログラムで。
  • およそ1ヶ月、栄養に注意する。

 

2. 胃バルーン

          胃バルーンは、重度の肥満に対する効果的な解決策です。外科手術のリスクを減らすために、減量手術を受ける前に体重を減らす必要がある患者さんに推奨されます。

          収縮したバルーンを口と食道に通し、液体で満たします。液体は胃を部分的に満たして、満腹感を与えます。これにより、食事のパターンを変更し、摂取する食べ物の量を減らして、満腹な気分に早くすることができます。バルーンは、最大6か月間所定の位置にとどまるように設計されています。その後、挿入されたのと同様の方法でバルーンを取り外す必要があります。

 

どのようにしてバルーンを挿入するのか?

 

Shows Gastric Balloon procedures
図2:胃バルーンの手順を表しています
(Ref: www.loyolamedicine.org/weight-loss-bariatrics/gastric-balloon)

 

         治療室では、喉に麻痺スプレーを噴霧します。不快な味がしますが、非常に効果的であり、数秒以内にあなたの喉は無感覚になります。これは非常に奇妙な感覚ですが、無害であり、胃鏡検査チューブ(カメラ)を可能にします。入れ歯がある場合は、それらを取り外す必要があります。また、希望する場合は眠くなるように注射することもできますが、これについては医師と患者さんで話し合って決めます。


          看護師がトロリーで快適にしたら、プラスチック製のマウスガードを歯と歯茎の間に配置して、口を少し開いた状態を保ちます。処置中、脈拍、血圧、呼吸、および酸素レベルが監視され、小さなスポンジを小さな鼻孔に入れて、少量の酸素を供給します。これは完全に日常的な作業であり、心配する必要はありません。


          その後、内視鏡を口から胃の中に通します。これは痛みを引き起こさず、呼吸を妨げません。胃がはっきり見えるようにするには、内視鏡に空気を入れる必要がある場合があります。これにより、げっぷをしたい気分になります。内視鏡が取り外されると、外科医は収縮したバルーンを口から胃に通します。内視鏡は、バルーンが液体で膨張する前に正しい位置にあることを確認するために再導入されます。

 

手術前の食事

          胃バルーンを挿入する前に、飲食物を12時間絶食する必要があります。胃バルーンを除去する時は、48時間前に水分のみの食事を開始する必要があります。これは固形食品を摂取しないことを意味します。この時点では、炭酸飲料はバルーンをきれいにするのに役立つため、炭酸飲料を飲むと良いです。バルーンが除去される12時間前に、断食する必要があります。これは、食べ物や飲み物を完全に摂取しないことを意味します。

 

バルーンを挿入したら、どのような食事をすればいいか?

          最初の1週間は、液体食のみの食事に従う必要があります。これにより、胃がバルーンに慣れることができます。また脱水症状を防ぐために多量の水を飲んでください。

 

キーポイントは:

  • ゆっくり飲む
  • 一度に100ml以上飲まない
  • 一日に約2リットル(8カップ)飲む

 

          一番良い液体は低脂肪または低糖品種の液体です。これらには、セミスキムミルクまたはスキムミルク、低脂肪ヨーグルト飲料、塊のないスープが含まれます。コーヒーや炭酸飲料は避けてください。

          次の週に、ピューレの食事に進み、その後柔らかく、どろどろした食事に続き、最終的に通常の食事に戻ります。バルーン挿入の1週間後、栄養士と段階について話し合います。また、この話し合いの時に、長期計画についても話し合います。

          糖尿病を患っている場合、血糖値を非常に厳密に監視および記録する必要があります。これは、薬の変更が必要になる場合があるためです。

 

胃バルーンを行うことの利点は?

胃バルーンは、短期間で体重減少を達成するのに役立ちます。また次のような健康問題を軽減するのにも役立ちます。

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 関節痛
  • 高コレストロール

 

リスクと合併症は?

ほとんどの人は、処置中および処置後にほとんど問題を抱えていません。ただし、次のような合併症や困難が生じる場合があります:

  • 出血または穿孔(やり直しが必要な場合のバルーンの挿入時、取り外し時の負傷により)
  • 血液中の酸素濃度が低い、または不規則な心拍(時折、これは心臓発作を引き起こすほど深刻です。これらの問題に注意できるように、手順全体を通して酸素レベルと脈拍が監視されます。)
  • 歯冠またはブリッジワークにわずかなリスクがあります。これらのいずれかをお持ちの場合は、申告していただくとリスクを減らすことができます。
  • 部分的に収縮したバルーンが小腸を通過するときのバルーンによる腸閉塞。これは非常にまれですが、これが発生した場合は、手術中または内視鏡手術により除去する必要があります。
  • バルーンに注入される生理食塩水に青い染料が追加されるため、まれにバルーンが漏れた場合、尿の色が変わることから患者さんはすぐに知ることができます。
  • 胃の不快感、吐き気、嘔吐は、バルーン配置後の最初の週によく見られますが、最初の週以降はめったに続きません。
  • 胃が重く感じたり、腹痛または腰痛
  • 酸逆流および消化不良(バルーンが所定の位置にある間は、胃酸の産生を減らすための薬が処方されます)
  • まれに、患者さんが手術後に胸部感染を発症します。咳が出る場合は、医師に連絡してください。

          これらのリスクが発生する可能性は少ないですが、手術に同意する前に必要な情報全てを把握していることが重要です。

 

手術の前に何が起こるか?

         胃バルーン手術があなたにとって安全で適切な選択肢である場合は、手術前の査定手続きのために来院するよう求められます。このアポイントメントでは、病歴、薬の服用、および過去に行った手術について質問されます。また、心電図(ECG)、X線、血液検査など、いくつかの検査が必要になる場合があります。


入院日に何が起こるか?

          特に指示がない限り、あなたは手術の朝に病院に来ます。その時に、医師と看護師はあなたが抱える質問に答えます。看護師はあなたの査定手続き後、あなたの健康に大きな変化がないことを再確認し、あなたの体温、脈拍、血圧、呼吸をを全て記録します。手術を始める前に、あなたはガウンを着るように求められます。圧縮ストッキング(塞栓防止)も着用するように求められます。足の深部静脈の血流を助け、血栓の発生リスクを減らします。手術後約6週間はこれらを着用する必要があります。そして手術室へ向かいます。
 

寝かされるのか?

          麻痺する喉のスプレーは、手術の前に使用されます。代わりに、腕や手のチューブに薬を入れることもあり、非常に眠くなるなります。あなたはまだ言われていることを聞くことができ、口頭での指示に協力することもできるはずですが、後で手順をほとんどまたは全く思い出せないかもしれません。

 

手術後に何が起きるか?

          手術室から病棟に移動します。看護師はあなたの脈拍、血圧、体温、呼吸をチェックします。内視鏡機器により、のどの痛みがある場合があります。鎮静作用がある場合は、しばらく眠くなることがあり、完全に目覚めるまで鼻の小さな突起から酸素を与えられることがあります。手術が終わったあとは、すぐに立ち上がって動き回ることをお勧めされます。これは、血栓が発症するリスクを減らすためです。

 

気分が悪くなるか?

          多くの人々は、処置後およびその後しばらくの間、気分が悪くなり嘔吐します。吐き気と嘔吐を和らげる薬である抗病気薬が処方されます。胃がバルーンの存在に慣れると、この症状は落ち着きます。

 

痛みはあるか?

         胃が重く感じ、腹部と背中が痛くなることがあります。

 

いつ退院できるか?

          通常、あなたの気分や体調次第で、手術日またはその翌日に退院することが可能です。まだ鎮静の効果を感じているかもしれないので、あなたを家に連れて帰れる人が必要です。また、24時間は誰かに付き添ってもらうことをお勧めします。

 

フォローアップケアはどんなもの?

          退院してから約1週間後に、栄養士と外来の看護師の専門家に会うための予約が送られます。また、あなたが困った時にいつでも相談できるよう、専門の看護師と栄養士の電話番号が与えられます。バルーンを除去する準備ができたら、挿入から6ヶ月後、病院は除去の手配を行い、予約案内を送ります。

参照:Doncaster and Bassetlaw Hospitals NHS Foundation Trust. (2012). Gastric Balloon procedures. Bariatric surgery



レビュー肥満手術




Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail