Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

K-ウェルネス @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


刺青除去



刺青除去

         刺青は、皮膚内の外因性色素の沈着に続発する、皮膚の目に見える永久的な色素沈着です。

         かつて、刺青除去のための方法は、切除および破壊処置(例えば、外科的切除、皮膚剥離、従来のアブレーションレーザー)に限定されていました。選択的光熱分解の理論の発見は、刺青のためのレーザー治療の進歩に貢献しています。

         Q-スイッチ(Qスイッチ、QS)レーザーは、ほとんどの刺青の第一選択治療として推奨されています。それは20年以上にわたって刺青除去の標準的なケアとなっています。QS装置で利用可能なレーザー波長の範囲と、これらのレーザーの短いパルス持続時間により、瘢痕化のリスクを抑えた効果的な刺青治療が可能になります。Qスイッチレーザーは、真皮内の刺青色素を分解するレーザー光の短いナノ秒バーストを生成します。粉砕された刺青色素の断片は真皮に残るか、リンパ系によって除去されます。

 

         Qスイッチレーザーには様々な波長があり、タトゥーの色に合わせて選択されます。刺青除去に使用されるQスイッチレーザーです。

  • 532nm周波数倍増Nd:YAGレーザー
  • 694 nm ルビーレーザー
  • 755 nm アレキサンドライトレーザー
  • 1064 nm Nd:YAGレーザー

(Nd:ネオジムドープ、YAG:イットリウムアルミニウムガーネット)

 

          複数の色の刺青を最適に治療するためには、通常、1つ以上のレーザーが必要です。一般的に、黄色やオレンジ色の色素は除去が最も難しいのに対し、青や黒の色素は除去が最も簡単な傾向にあります。真皮に深く広範囲に配置された色素を持つ刺青は、治療がより困難になることがよくあります。除去するためには、より多くの治療セッションとより高いフルエンス設定が必要になるかもしれません。

 

ヘリオス II: それは何で、どのように動作するのですか?

ヘリオス IIは韓国LASEROPTIK社のレーザー発光装置で、波長1064nmと532nmのフラクショナルQスイッチNd:YAGを発光します。Helios IIのターゲット発色団はメラニンであり、色素性皮膚病変にも使用できる。532nmの周波数倍増Nd:YAGレーザーモードは、赤、黄色、オレンジ色のタトゥーに適しており、そばかすや日焼けによるシミなど、より多くの表皮病変を除去することができます。1064 nmのNd:YAGレーザーは、黒と青の入れ墨に適しており、皮膚の真皮層の肝斑などのより深い病変を治療することができます。

ヘリオス IIは、フラクショナルハンドピースと回折光学素子(DOE)を搭載しており、炎症後の色素沈着、瘢痕化などの痛みや副作用を最小限に抑えることができます。フラクショナルハンドピースは、1本のレーザービームを81本の小ビームに分割し、周囲の皮膚をそのままにして、皮膚にかかる熱を減らし、ダウンタイムを最小限に抑えます。回折光学素子(DOE)によりヘリオスIIは、均一なレーザービームを照射することができます。

ヘリオス IIには、「ソフトピーリング」効果もあります。それは皮膚に炭素の薄いコーティングを施し、レーザーからのバースト光によって炭素を除去します。死んだ皮膚細胞、メーキャップの残留物、毛穴の詰まり、皮脂およびニキビは一緒に除去されます。「ソフトピーリング」の利点には、毛穴サイズの縮小、肌の色合いの均一化、皮脂生成の減少、コラーゲン刺激による小じわやシワの減少が含まれ、ダウンタイムなしで健康的な輝く肌が得られます。

 

ヘリオス IIの効能・効果

  • 肝斑
  • そばかす
  • 刺青
  • 太田母斑
  • ベッカー母斑
  • 黒子(ほくろ)
  • 肌の色ムラ
  • カフェオレ班
  • 老化の斑点
  • 肌の若返り

 

治療セッション

最大限の改善を得るためには、多くの場合、8回以上の治療セッションが必要ですが、ヘリオスIIの技術では、より深い皮膚病変では、3~5回の治療セッションが必要になることがあります。追加の治療セッションは、通常4~6週間の間隔で行われます。その後の治療では、残留色素を除去するために、より高いレーザーエネルギー設定が必要になる場合があります。

 

治療後のケア

レーザー部位の好ましい治療後のケアは、創部の水分を維持するために、ワセリンのような標準的な咬合性軟膏を毎日塗布することで構成されています。水分は創傷治癒を促進するので、患部が完全に治癒するまで塗布を続ける必要があります。外皮とかさぶたは正常な状態で、通常1~2週間持続します。治療後の不快感を最小限に抑えるためには、冷却パックが役立ちます。炎症後の色素沈着のリスクを最小限に抑えるために、日焼け止めと日焼け防止衣類を使用する必要があります。治療後少なくとも数週間は、厳格な日焼け止めを継続する必要があります。

 

ヘリオス IIの安全性

ヘリオス IIは、タイFDA、米国FDA、欧州経済地域の適合性欧州委員会(EEAのCEマーキング)、韓国FDAに承認されています。



Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail