Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

K-ウェルネス @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


肝斑、そばかす、年齢斑



          黒皮症、そばかす、シミは、色素細胞の過活動が原因です。これらの細胞は、肌を黒くする物質であるメラニンを生成します。そばかすは、小さな茶色の斑点で、通常、人生の早い時期に太陽にさらされた部分に現れ、時間の経過とともに色あせていきます。シミは通常、晩年に見られ、色あせない傾向があります。黒皮症は、生殖年齢の女性に最も頻繁に発生します。これは、強い紫外線(UV)放射にさらされている地域に住んでいる、より暗い肌をを持つ女性に良く見られます。

          これらのすべての皮膚の変色は、かなりの美容上の損傷と心理的苦痛を引き起こす可能性があります。研究はまた、それらが感情的な幸福、社会生活および余暇活動に悪影響を及ぼすことを示しました。

 

肝斑の原因は?

          肝斑の病因は十分に理解されていません。要因としては、黒っぽい皮膚の原型、紫外線(UV)照射、ホルモン因子(妊娠、経口避妊薬など)、遺伝的素因、化粧品の使用、甲状腺機能障害、抗てんかん薬などが挙げられます。肝斑は、影響を受けた皮膚のより生物学的に活性なメラノサイトの存在によって引き起こされることがあります。

 

臨床的特徴

          肝斑は、5mm以下の不規則な形をした色素沈着の多い斑点を呈することがあります。色は、皮膚のメラニン沈着部位によって、薄茶色から暗褐色または灰/青色まで様々です。真皮メラニンのような深い部位では、より灰色/青色の色相を呈します。

シミは、多くの場合、混ざり合っていて、対称的に分布している。彼らは通常、顔の太陽にさらされている皮膚の領域で見られます。妊娠による肝斑は、通常、出産後1年以内に退行します。

 

処置

          治療には、美白剤、ケミカルピーリング、レーザーや光を利用した治療があります。色素沈着の減少が起こる前に、最大6ヶ月間の皮膚の局所的な美白剤の継続的な適用が必要な場合があります。

          肝斑の治療は、日焼けを避けること、日焼け止めの服や帽子を着用すること、紫外線A(UVA)と紫外線B(UVB)の両方を遮断する日焼け止めを含む日焼け対策と組み合わせて行う必要があります。日焼け止めは、外出前に塗布し、屋外にいる間は2時間ごとに塗り直す必要があります。

         肝斑の第一線治療は、美白剤とレチノイド外用剤です。肝斑の治療では、外用の美白剤が主役です。肝斑の治療に一般的に使用されている美白剤には、ハイドロキノン、アゼライン酸、メキノール、コウジ酸などがあります。トレチノインは、皮膚細胞の代謝回転を刺激し、メラニンの移行を減少させ、他の有効成分の浸透を高めます。レチノイド外用剤は催奇形性物質として知られており、先天性奇形を引き起こす可能性があるため、妊娠中に使用を開始したり継続したりするべきではありません。

          新しい美白剤には、フランス、スペイン、アフリカ、カナダ、スイスアルプスの天然植物から抽出した強力な成分が配合されています。それらはチロシナーゼの活性を阻害し、14~60日で肝斑の退行を助けることがわかっています。また古い皮膚美白剤で見られるいくつかの副作用を軽減すると主張しています。

 

レーザーと光源をベースにした治療

          肝斑の治療には、難治性の症例でもレーザーや光を用いた治療が可能です。

 

ヘリオス II:それは何で、どのように機能するのですか?

          ヘリオス IIは、韓国LASEROPTIK社のレーザー発光装置で、これは、1064nmおよび532nmの波長のフラクショナルQスイッチNd:YAGを発光します。Helios IIの対象となる発色団はメラニンであり、色素性皮膚病変に使用できます。532nmの周波数倍増Nd:YAGレーザーモードは、赤、黄色、オレンジ色のタトゥーに適しており、そばかすや日焼けによるシミなど、より多くの表皮病変を除去することができます。1064 nm Nd:YAGレーザーは、黒と青の入れ墨に適しており、皮膚の真皮層の肝斑などのより深い病変を治療することができます。

          ヘリオス IIは、フラクショナルハンドピースと回折光学素子(DOE)を搭載しており、炎症後の色素沈着、瘢痕化などの痛みや副作用を最小限に抑えることができます。フラクショナルハンドピースは、1本のレーザービームを81本の小ビームに分割し、周囲の皮膚をそのままにして、皮膚にかかる熱を減らし、ダウンタイムを最小限に抑えます。回折光学素子(DOE)によりヘリオスIIは、均一なレーザービームを照射することができます

          ヘリオス IIには、「ソフトピーリング」効果もあります。それは皮膚に炭素の薄いコーティングを施し、レーザーからのバースト光によって炭素を除去します。死んだ皮膚細胞、メーキャップの残留物、毛穴の詰まり、皮脂およびニキビは一緒に除去されます。「ソフトピーリング」の利点には、毛穴サイズの縮小、肌の色合いの均一化、皮脂生成の減少、コラーゲン刺激による小じわやシワの減少が含まれ、ダウンタイムなしで健康的な輝く肌が得られます。

 

HELIOS IIの効能・効果

  • 肝斑
  • そばかす
  • 刺青
  • 太田母斑
  • ベッカー母斑
  • 黒子(ほくろ)
  • 肌の色ムラ
  • カフェオレ斑
  • 老化の斑点
  • 肌の若返り

 

治療セッション

          最大限の改善を得るためには、多くの場合、8回以上の治療セッションが必要ですが、ヘリオス IIの技術では、より深い皮膚病変では、3~5回の治療セッションが必要になることがあります。追加の治療セッションは、通常4~6週間の間隔で行われます。その後の治療では、残留色素を除去するために、より高いレーザーエネルギー設定が必要になる場合があります。

 

治療後のケア

          レーザー部位の好ましい治療後のケアは、創部の水分を維持するために、ワセリンのような標準的な咬合性軟膏を毎日塗布することで構成されています。水分は創傷治癒を促進するので、患部が完全に治癒するまで塗布を続ける必要があります。外皮とかさぶたは正常な状態で、通常1~2週間持続します。治療後の不快感を最小限に抑えるためには、冷却パックが役立ちます。炎症後の色素沈着のリスクを最小限に抑えるために、日焼け止めと日焼け防止衣類を使用する必要があります。治療後少なくとも数週間は、厳格な日焼け止めを継続する必要があります。

 

ヘリオス IIの安全性

ヘリオス IIは、タイFDA、米国FDA、欧州経済地域の適合性欧州委員会(EEAのCEマーキング)、韓国FDAに承認されています。



肝斑、そばかす、年齢斑 ビフォーアフター


Before & After Melasma, freckles, age spot



Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail