Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

美容整形 @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


顎矯正手術



顎矯正手術、下顎骨切除術

          顎矯正手術は、不規則な顎骨を矯正し、顎と歯を調整してそれらがどのように機能するかを改善するための外科手術です。これらの修正を行うと、患者さんの顔の外観も改善される場合があります。この手術では、治療前、回復中、治療が完了するまで、治療計画のために歯科矯正医と顎顔面(顎と顔)の外科医との協力が必要です。顎矯正手術は、成長が停止した後、通常16~17歳前後が適切です。

 

顎矯正手術に適している人

以下のような顎と歯の審美性と機能の両方を改善できます:

  • 噛むことを改善する
  • 嚥下、会話、呼吸を改善する
  • 折れた歯を最小限に抑える
  • 開咬を修正する
  • 顔のバランスを改善する
  • 唇が完全に閉じる能力を向上させる
  • 顎関節症(TMJ)障害による痛みを和らげる
  • 睡眠時無呼吸症候群を緩和する

 

顎矯正手術への準備

          矯正歯科医はブレースによって手術前に歯を準備します。この過程は通常、歯の段階と位置合わせを調整するために手術前に12~18ヶ月かかります。歯科矯正医と顎顔面外科医は、X線、写真、歯の動きのモデルを含む治療計画の作成に取り組みます。

 

顎矯正手術のプロセス

          この手術は通常、経口で行われます。顎先、えら、または口の周りに切開痕が見られます。外科医は顎骨に切り込みを入れ、正しい位置に移動させます。顎の動きが完了すると、ミニプレートとネジ、ワイヤー、ゴムバンドを使用して、骨を新しい位置に固定します。顎の手術は、上顎、下顎、顎先、またはこれらの組み合わせで行われます。

 

上顎骨切除術

 下記の問題を修正するために上顎骨の切除手術が行われる場合があります。

  • 上顎が著しく後退または突出している。
  • クロスバイト(交叉咬合)
  • 歯が多すぎるか少なすぎる
  • オープンバイト(開咬)
  • 顔面中心部の成長の減少

図1:上顎の手術

 

          外科医は上顎を切断し、1つのユニットとして動くようにします。下顎の歯と上手く合うまで、顎と上顎の歯を前方または後方に動かします。次に、外科医はプレートとネジを使用して骨を新しい位置に固定し、余分な骨を削るか除去します。

 

下顎骨切除術

下記の問題を修正するために下顎の手術が行われる場合があります。

  • 下顎の後退
  • 突出した下顎

          外科医は臼歯の後ろと顎骨を縦に切り、顎の前部が1つのユニットとして動くようにします。顎は前方または後方のいずれかの新しい位置に移動できます。プレートとネジが顎骨を保持しながら治していきます。

図2:下顎後方手術

図3:下顎前方手術

 

術後ケア

 手術後は、下記のことについてのガイダンスや指示が出されます。

  • 食べて良い物
  • 口腔衛生
  • 喫煙をしない
  • 激しい活動を避ける
  • 痛みを抑える薬
  • 職場または学校に戻れる時期(通常1~3週間以内)

顎の治癒には手術後約6週間かかりますが、完全な治癒には最長12週間かかる場合があります。

 

リスクと合併症

 顎矯正手術は、歯科矯正医と協力して、経験豊富な口腔外科医および顎顔面外科医が実施する場合、一般的に安全です。ただし、手術のリスクと合併症には次のようなものがあります。

  • 失血
  • 感染症
  • 神経損傷
  • 顎骨折
  • 顎が元の位置に戻る
  • 咬合と顎関節痛の問題
  • 2回目の手術が必要になることがある
  • いくつかの歯の根管治療をする必要があることがある
  • 顎の一部の喪失

 

顎の手術で顎と歯の並びを修正することは次のような結果が得られます。

  • 顔下部のバランスが整う。
  • 歯の機能性を改善する。
  • 睡眠、呼吸、噛むこと、嚥下を改善する(健康上の利点)。
  • スピーチを改善する。
  • 外観の改善。


顎矯正手術 ビフォーアフター




ビフォーアフターをさらに見る



レビュー顎矯正手術


下顎骨切り術、24歳の患者さんのレビュー



Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail