Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery

Body surgery @ Kamol Hospital - Cosmetic & Plastic Surgery


腹壁形成術/タミータック



腹壁形成術/タミータック

          腹壁形成術またはタミータックとは、腹部の余剰皮膚と脂肪組織を切除して平らにし、腹部をより固く引き締めさせる手術です。この手術は特に、何回も出産を経験し、元の体形を持ちたいという女性に有効です。切開はビキニラインで、手術は全身麻酔下で行われ、所要時間は3~4時間です。術後、入院は3泊です。傷痕は余剰皮膚や脂肪量によりますが、恥骨上あたりに、腹部の左端から右端まで細く長い線になります。

 

当院の腹壁形成術/タミータックは、2種類あります。

1. へそを移動させ、下がっている腹筋を修復する腹壁形成術/タミータック

          この手技は、出産して妊娠線がある人やたくさんの過剰な皮膚と脂肪がある人に向いています。全身麻酔下で行われます。

 

Shows the procedure of Abdominoplasty /tummy tuck with umbilical transposition and repairing the sagging abdominal muscles

図1:へその転位とたるんだ腹筋の修復を伴う腹壁形成術/タミータックの手順

 

  1. 外科医は、図1のように、手術計画のために筋肉の弛みをチェックします。ビキニライン上に切開を決定します。
  2. 図2のように、筋肉に皮膜の層を通して傷を開きます。
  3. 陰部から乳腺下部位に、皮膜の層と筋肉の間で線維症をリリースします。そして外科医には、下がっている筋肉がはっきりと見えます。
  4. 乳腺下から陰部までの下がっている腹筋を修復するのに、図4のように腹筋を締めます。
  5. 皮膚と脂肪の層を下げます。元のへそから陰部までの過剰皮膚を切り、脂肪層を溶ける糸で縫合します。その後図5のように、傷痕を防止するために、慎重に新しいへそを作って創作します。
  6. 外科医は、陰部の上の余剰皮膚をカットし縫合します。

 

手術所要時間はおよそ3~4時間です。

 

2.ミニ腹壁形成術

          この手技は、過剰脂肪は少ないが妊娠線がある人に向いています。この手技は妊娠線を修正するのが狙いです。この手技は局所麻酔で実行されることができます。患者さんは術後すぐに帰宅することができます。

Shows Surgical Procedures of Mini Abdominoplasty.

図2:ミニ腹壁形成術の手順

 

  1. 外科医は、図1のように、手術計画のための筋肉の弛みをチェックします。
  2. 陰部の上で切開します。陰部から臍の下あたりの皮膚の層と筋肉の間の線維症をリリースします。
  3. 皮膚と脂肪の層を下げます。それから、陰部の上の余剰皮膚をカットし縫合します。

 

腹壁形成術/タミータックへの準備

  1. 外科医にあなたの目標、臨床検査、および医学的評価について相談します
  2. 臨床検査または医学的評価を受ける
  3. 特定の薬を服用するか、現在の薬を調整する
  4. 手術の前後2週間は禁煙する
  5. アスピリン、抗炎症薬、ハーブのサプリメントは出血を増加させる可能性がある為、摂取を避ける。

 

腹壁形成術/タミータックの手順

  1. 全身麻酔
  2. 外科医は、ビキニラインで切開する領域にマークを付けてから切開を開きます。へそを移動させ、下がっている腹筋を修復するタミータックが必要な患者は、腹部の筋肉の上の組織を開いて下の乳房(乳腺下の領域)を通過する必要があります。その後腹部の正中線で引き締まるように筋肉を固定します。皮膚を引き下げ、余分な部分をカットします。ミニ腹壁形成術が必要な患者は、外科医は切開部を開き、余分な皮膚を切ります。
  3. 縫合で切開を閉じます。

 

術後ケア

  1. 手術の2~3日後に、患者は筋肉の引き締めと腫れを減らすために、毎日、全身圧縮衣類を着用し始めなければなりません。術後1ヶ月経過したら筋肉をサポートするために夜間のみ着用することができます。
  2. 縫合糸は、術後6日で除去します。
  3. 術後およそ2ヶ月経過したら運動を開始することができます。
  4. 術後3~4ヶ月したら、腫れもなくなり傷も治癒するでしょう。

 

術後ケアのための事前警告

  1. 少なくとも術後2~3日は、シャワーを浴びることを控えてください。医師の指示に従い傷の消毒を行ってください。
  2. 術後の1ヶ月間は、常時、痩身部分を圧縮衣類によって引き締めてください。1ヵ月経過後も、傷が裂けるのを予防するのと筋肉をサポートするのに着続けてください。
  3. 皮下出血が起こるかもしれません。それは2~3週間で消えるでしょう。痛み、腫れ、赤みがある場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

 

タミータックのリスクと合併症

  • 出血
  • 感染
  • 漿液腫(セロ-―マ)
  • 創傷治癒不良
  • 皮膚の喪失
  • しびれ
  • 皮膚の変色および/または長期の腫れ
  • 傷跡
  • 麻酔によるリスク
  • 皮膚の弛緩の再発
  • 脂肪壊死
  • 深部静脈血栓症、心臓および肺の合併症
  • 非対称
  • 持続的な痛み

 

タミータックの回復

          腹壁形成術/タミータックの回復は、実行される外科技術によって異なります。術後数日間はドレインをそのままにしておきます。ドレーン留置中は、抗生物質と抗凝固剤を服用する必要があります。腹部バインダーを約6週間着用する必要があります。水分の蓄積を防ぎ、腹部をサポートします。ミニ腹壁形成術の回復期間はより短いです。少なくとも6週間は激しい活動を避ける必要があり、手術後2~6週間で仕事に戻ることができます。



腹壁形成術/タミータック ビフォーアフター



腹壁形成術/タミータックのビフォーアフター



レビュー腹壁形成術/タミータック


Abdominoplasty / Tummy Tuck Before & After



Name

Country
Email

Mobile No.

Whatsapp / Viber / Skype / Line etc.

Detail